唐津鶴城同窓会関東支部公式ホームページ
お知らせ
カテゴリー

月別アーカイブ

8月5日(金)18時から約3時間にわたり唐津から東京研修で上京した唐津東高生25名(1年生11名、2年生14名)と先輩卒業生14名(大学生7名、社会人7名)との交流会が、鶴城同窓会関東支部主催でTKP市ヶ谷カンファレンスセンターにて開催された。
2017年から始まったこの東京研修は今年で4回目。(2020年と2021年はコロナ感染症蔓延のため中止)今回は、2泊3日の旅程で、1日目は東京大学オープンキャンパス、2日目は各人の目的とする大学を自由訪問と東髙OB・OGとの交流会、最終日は上野地区自由研修となっている。(参考)東京研修参加人数 2017年14名、2018年36名、2019年37名
このところ、東高生の在京大学への進学率が低くなっている(2010年代は10数名程度が続いた)ことから、唐津東髙校は対策の一環として東京研修を企画し、2017年に第1回東京研修が実現した。その第1回より関東支部は本部・高校と連携して先輩(学生・社会人)との交流の場を持って来た。
この交流会の成果なのか、2022年4月の関東の大学への進学者は28名と大幅に増加した。
なお、今年はこの交流会を佐賀新聞社が取材し記事となっている。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/897565


2022年 IMG_5579.JPG


2022年 IMG_5580.JPG

2022年 IMG_5581.JPG

2022年 IMG_5582.JPG

■日 時
令和4年6月13日(月)18:30~20:15
■場 所
文京シビックセンター5階会議室B
■出席者
南里(東8)、筒井(東9)、小栗(東10)、青木(東12)、青木(東14)、宮崎(東14)、井上(東15)、栗原(東16)、池田(東23)、小松(東25)、新倉(東26)、村山(東30)、山口(東31)、堀内(東33)、江頭(東34)、
藤本(東35)、藤元(東35)、岡部(東36)、矢野(東36)  計18名
■議題
1.令和3年決算報告について           
2.第46回総会・懇親会について
3.会長・会計監査の改選について及び新役員人事について
4.東35期幹事の交代について
5.その他
■議事
冒頭、小栗会長(東10)の挨拶があり、その後、青木事務局長(東14)の司会により
議事に入った。  

1. 令和3年決算報告について
井上会計(東15)より令和3年の決算報告がなされた。
収入536,058円、支出367,970円(当期利益178,088円)、次期繰越金1,834,853円
コロナ禍のため懇親会無しの書面総会となったので、年会費と事務費が主な項目であった。
懇親会無しにも拘らず258名の会員より年会費の振込を頂いた。御礼申し上げる。
以上について承認された。今後会計監査があり結果は総会に諮られる。

2. 第46回総会・懇親会について
実行幹事東35期藤本氏より以下の内容の企画提案があり質疑応答があった。
・開催期日は2022年10月29(土) (第5土曜日)
・開催場所は中野サンプラザ13Fコスモルーム
・基本コンセプトは「3年ぶりの邂逅~集うことに意義がある~」
・懇親会のメインプログラムにはアーティスト/タカタタイスケ氏(東35)のギターボ-カル
 演奏とおくんち囃子  
・懇親会費7,000円(従来通り)+年会費2,000円(従来通り)
・現状のコロナ対策として次の制限がある。①収容人員を120名~160名に限定。固定席、
 個別配膳となる。②それ以上の定員200名とする場合は、全員のワクチン接種或いは
 検査結果の証明書提示が前提となる。③席の移動、お酌等は基本不可。④大声の発声
 (校歌斉唱)は不可。
・予算的には30万円強の赤字企画
○新型コロナ感染症対策について南里相談役(東8・感染症の専門家)より、会場側は
 国や都の指導に基づいて対策を立てるので自分たちで考えずそれに従えば良いとの
 アドバイスがあった。

(質疑)
Q:最大160名の場合、それを超える参加希望が出た時どの様に取り扱うかを決めて
  いるか。
  また、当番幹事を160名の内数とするのか、外に出すのか、バッファーとして
  考えるのか。
A:要検討事項である。先着順となると思われる。当番幹事のあり方も検討する。
Q:先着順の場合、満席後の振込者へは返金されるという事で良いか。
A:そうすべきと考えている。
Q:参加する場合のコロナ対策については、事前に会員に知らせておくべきだ。また、
  食事が個配膳なので当日参加は受けられない旨も併せて知らせるべき。これらは
  大事な事なので文字を大きくする等見落とさない工夫も必要だ。
A:総会案内状の書き方を検討する。8月下旬郵送し10月半ばを参加申込締め切りに
  したい。
Q:出席予想としては、コロナの関係で年配の会員の出席率が低くなるだろうし、
  仕事の関係で社の方針に従わねばならい会員もいると思われるので、
  例年より少なくなるのではないか。
Q:今年上京した学生が28名と増えた。これら学生に同窓会の案内を行いたいが
  出席人数制限があるので当番幹事と相談させて頂きたい。将来の同窓会の担い手
  なので声掛けをしたい。
Q:来年の開催時期については、6月に戻すのか。
A:来年は従来の6月第2土曜日に戻したい。当番幹事は同じ中野サンプラザに
  当たってほしい。
  次期当番の36期は準備に取り掛かって頂きたい。

以上の報告と質疑を踏まえ、当番幹事よりメールにて修正案を幹事会に再度提案する
こととした。

3. 会長・会計監査の改選および役員人事について
小栗会長より以下の説明があった。
・今期は会長と会計監査の改選の年であるので以下の人事案を総会に諮る。
 会長   東10 小栗誠治(退任)→ 東14 青木誠 (新任)
 会計監査 東23 池田俊朗(留任)
 会計監査 東30 村山博一(退任)→ 東17 瀧本雅徳(新任)

以上について、幹事会が推薦し総会に諮ることを承認した。
総会後の新役員人事(案)も併せて発表があった。

4. 東35期幹事の交代について
東35期笹木陽子氏の幹事辞退(一身上の都合)に伴い、新たに藤本浩治氏の就任を
承認した。
なお、東22期は暫定幹事の八卷恵子氏が辞任し空席となっている旨事務局より報告が
あった。

5. その他
池田俊朗(東23)氏より、以下の報告があった。
本年はコロナで中断していた唐津東高生の東京研修が復活するとの連絡が東高よりあった。
人数は2019年と同規模の30名程度と聞いている。日程は8月4日~6日で、同総会OBとの
懇談会は8月5日に予定している。OBの大学生、30代の社会人との交流を企図している。


以 上

(第1回)令和3年10月25日~11月 7日
(第2回)令和3年11月22日~11月30日

○ 総会・懇親会の開催方法について
当番幹事は、対面の総会・懇親会は開催せず、紙面とwebを利用したバーチャル(仮想)
総会・懇親会とすることを提案。

(1回目)投票 (締切は11月7日)
a. リアルの対面式総会・懇親会は行わない   (賛成)・(反対)
b. バーチャル(仮想)総会・懇親会を開催する (賛成)・(反対)

投票の結果は次の通り。(投票数 21)
 a. リアルの対面式総会・懇親会は行わない
  賛成 14 (内、6月開催なら賛成6)、
  反対 6、 その他 1(総会のみ開催)

 b. バーチャル(仮想)総会・懇親会を開催する
  賛成 9 (内、6月開催なら賛成5)、
  反対 11、 その他 1 (懇親会のみ試行する)

(概況)
以上の結果、6月開催の総会・懇親会については、リアルの対面式では開催しないことが多数を占め可決された。
その代わりのバーチャルでの6月の総会・懇親会の開催については、反対が過半数を超え否決された。

(事務局 注)
リアルの対面総会・懇親会については、6月開催であれば実施不可と殆どの幹事が考えているが、一方、開催するのであればバーチャルではなく、リアルの対面総会・懇親会の開催が望ましいとも殆どが考えており、より安心できるであろう秋に延期しての開催を要望する声が多い。

第1回の投票結果及び多数の幹事のリアル開催を目指したいというコメントを踏まえて、この時点で、6月開催か、秋開催に延期かの進路を決定することとし、再度投票を行った。

(選択肢)
α. 6月開催とし、本年同様の書面による総会開催とする。懇親会はなし。
β. 開催時期を秋(10月29日(土))に延期し、リアル対面式の総会・懇親会を指向する。
   但し、リアル開催の場合は、会場のコロナ対策により最大収容人数が120名となる。
   なお、この場合は、7月下旬までにコロナの状況を踏まえて、再度、開催方法について
   リアルまたは書面かの選択を行うこととする。

第2回投票結果は次の通り。(投票数 20)
 α  5
 β 15
 以上により、β案(秋開催)に決定した。

当番幹事35期の皆様には、4ヵ月先送りの開催になりご面倒をお掛けします。
リアル開催になる場合の当番要員の確保をお願いすると共に、懇親会の人数制限については、出来るだけ制限をなくして実施できるやり方の研究・検討をお願いします。

今後については、新たな不確定要素として登場したオミクロン株がどの程度まん延していくのかを注視しながら、次回の幹事会で開催方式を決定いたします。
次回の幹事会の実施時期は、5月~6月頃を想定しています。
(例年行っている3月の春の幹事会は上記の5~6月頃に延期とします)

以上宜しくお願いします。

唐津鶴城同窓会関東支部
事務局 青木誠(14期)

2年ぶりに総会開催(書面)
~若手会員の投票数が低調~

唐津鶴城同窓会関東支部は令和3年総会を2年ぶりに書面で開催しました。会員には議案について議決書を投票して頂き、6月12日(土)に締めて投票総数は240票でした。
内訳は、次の通りです。
議案1 ア 令和2年役員の選任について(追認) 賛成229票、反対0票、無記11票
    イ 令和元年決算について    (追認) 賛成229票、反対0票、無記11票
議案2 令和3年役員の選任について       賛成229票、反対0票、無記11票
議案3 令和2年決算について          賛成229票、反対0票、無記11票

これにより、議案は全て可決し、総会は無事終了いたしました。
議決票投票についてグラフを掲載していますが、ご覧の通り、唐校&東1~23期の60歳以上の投票数が全体の約8割となっており、50歳代以下の若手会員の投票数の少なさが顕著に現れています。
この結果をみれば、将来的に同窓会を継続していけるのか黄色信号が灯っていますので、今後に向けて若手会員の奮起を期待します。



唐津鶴城同窓会関東支部
事務局長 青木誠

web20210617.png

画像をクリックすると拡大表示されます。

総会議案の議定書提出は、下記をコピーして「メールによる連絡・問合せはこちら」の
内容に貼り付けの上、賛成か反対を残して必要事項をご入力の上、送信してください。
=======================
第1号
 ア:賛成  反対
 イ:賛成  反対
第2号:賛成  反対
第3号:賛成  反対
=======================

メールによる連絡・問合せはこちら

◎概説
メール会議は3回にわたり議案投票を行った。
1回目は、総会・懇親会の開催について、および総会を行う場合の議題について。
2回目は、支部年会費の徴収について、および当番幹事について。
3回目は、支部年会費の徴収について。
支部年会費の徴収については、同窓会運営の観点からの賛成と会員の心情の観点からの反対の賛否両論があり2度に渡り議論した。
結果は、次の通りに決定。
1. 総会は書面で開催し、懇親会は中止する
2. 書面総会に諮る議案について以下を承認した。
(1)令和2年役員(総会未承認)の追認
(2)令和元年決算報告(総会未承認)の追認
(3)令和3年役員候補の承認
(4)令和2年決算報告の承認
3. 支部年会費は徴収する。
4. 当番幹事は懇親会開催の有無に係わらず次年次卒業期に引継ぐ。

◎結果詳細
○議題1  令和3年(第45回)総会・懇親会について
      総会については書面による開催とし、懇親会は中止する
      ⇒賛成23、反対0
○議題2  総会について
    (1)議案
        ①   令和2年の総会議案の追認について
        ②   令和3年役員の選任について
        ③   令和2年決算報告について
    (2)開催方法
        ①   書面による開催とする。
        ②   回答の過半数をもって決する。
          ⇒賛成23、反対0
○議題3  令和2年決算報告について
     ⇒賛成23、反対0
○議題4(修正) 関東支部年会費について
      令和3年の支部年会費については会則通りに徴収する。
      ⇒賛成13 反対5 どちらでもよい1
○議題5  当番幹事について
      令和3年は、東34期が令和2年に引き続き担当する(令和2年6月幹事会決定)
      ことになっているが、令和4年については、東35期に引き継ぐこととする。
      ⇒賛成23 反対0

(投票期間 2月9日~3月8日)
投票者   02蓮尾、04岡崎、07江川、08南里、09筒井、10小栗、12青木、
      14宮崎、14青木、15井上、16栗原、17瀧本、22八卷、23池田、
      24矢ヶ部、25小松、26新倉、27吉村、28松本、29中尾、30中山、
      31山口、32向、 34江頭、35笹木

以上

総計
1.  総会・懇親会について 
A.    従来通りの総会・懇親会でも出席する。 11
B.    3密対策がなされた総会・懇親会であれば出席する。 22
C.    総会のみで懇親会は中止でも出席する。 6
D.    3密対策がなされたとしても、総会のみで懇親会は中止なら欠席する。 6
E.    3密対策がなされたとしても、リスクを冒したくないので欠席する。 63
F.    どのような場合でも、職業等の立場上、人が集まる場所は避ける必要があり欠席する。 40
回答なし 0
2.懇親会を行うとした場合の飲酒について
G.    ホテルの3密対応であればアルコール類があっても良い。 35
H.    乾杯程度のアルコール類なら良い。 29
I.      アルコール類なしで食事だけなら良い。 42
回答なし 37
3.総会について
J.    懇親会が中止でも総会は開催すべきである。 6
K.    懇親会が中止なら総会は中止で良い。 49
 (ネットライブ配信について)  
L.    総会がネットライブ配信されるなら自宅で視聴する。 58
M.   総会がネットライブ配信されても自宅で視聴することはない。 17
回答なし(または、その他) 14
4.イベントについて
N.    従来通り懇親会でのイベントは必要だと思う。 17
O.    総会のみになってもイベントはあった方が良い。 5
P.    総会がネットライブ配信となった時もイベントはあった方が良い。 13
Q.    3密対策を考えるとイベントはない方が良い。 91
回答なし 14

来年(令和3年)の鶴城同窓会関東支部の総会・懇親会についてのアンケートです。
(注:会長・会計監事の選出および会計報告については総会での承認が必要です。
しかし、現在コロナ禍中です。南里相談役(慶応大学名誉教授・感染症の専門家)
は、幹事会で新型コロナ感染症の特効薬・ワクチンは直ぐには開発できない、
終息するのに3~5年掛かる、同窓会に高齢者集団が来年集まるのは奨めないと
話されています。これを受けてのアンケートです。)

以下の1~4の項目にご自身のご意向を、AB等のアルファベットで回答願いします。

1. 総会・懇親会について 
  A. 従来通りの総会・懇親会でも出席する。
  B. 3密対策がなされた総会・懇親会であれば出席する。
  C. 3密対策がなされた総会であれば懇親会は中止でも出席する。
  D. 3密対策がなされたとしても、総会のみで懇親会は中止なら欠席する。
  E. 3密対策がなされたとしても、リスクを冒したくないので欠席する。
  F. どのような場合でも、職業等の立場上、人が集まる場所は避ける必要があり
   欠席する。

2.懇親会を行うとした場合の飲酒について
  G. ホテルの3密対応であればアルコール類があっても良い。
  H. 乾杯程度のアルコール類なら良い。
  I. アルコール類なしで食事だけなら良い。

3.総会について
  J. 懇親会が中止でも総会は開催すべきである。
  K. 懇親会が中止なら総会は中止で良い。
  L. 総会がネットライブ配信されるなら自宅で視聴する。
  M. 総会がネットライブ配信されても自宅で視聴することはない。

4.イベントについて
  N. 従来通り懇親会でのイベントは必要だと思う。
  O. 総会のみになってもイベントはあった方が良い。
  P. 総会がネットライブ配信となった時もイベントはあった方が良い。
  Q. 3密対策を考えるとイベントはない方が良い。

************************
ご回答蘭
1.(    ) 2(    )  3(    )  4(   )
************************

上記ご回答をコピペして、下記宛にメール返信をお願いします。
(令和3年1月31日まで)

唐津鶴城同窓会関東支部 事務局( ikoa.m2018@gmail.com

■日 時
 令和2年1028日()13020:00 
■場 所
 文京シビックセンター5会議室A
■出席者
 南里(東8)、筒井(東9)、小栗(東10)、青木(東12)、青木(東14)、
 宮崎(東14)、井上(東15)、栗原(東16)、瀧本(東17)、八卷(東22)、
 池田(東23)、小松(東25)、新倉(東26)、村山(東30)、山口(東31)、
 江頭(東34)、平野(東34)、中村(東34)、笹木(東35)、谷口(東35)
 岡部(東36)、矢野(東36)
 計22名
■議題
 1.令和2年の総括について
 2.第45回総会・懇親会について
 3.その他 (1)新型コロナ感染症について
■議事
 青木事務局長(14)の司会により議事に入った。
 1.令和2年の総括について
   今年を総括し当支部で決定した事項について小栗会長(東10)より以下の説明が
   あった。
   コロナ禍の下、審議決定は3月から6月にかけて、いずれもメールによる幹事会を
   行った。
   (1)総会・懇親会の中止
      3月幹事会で当初予定の6月13日を新型コロナ感染症の状況改善を見込み
      9月19日に延期したが、6月幹事会で改善は見込めないと判断し
      中止を決定。
      なお、来年の総会・懇親会は6月12日(土)中野サンプラザを予定
   (2)改選期の役員については、次年度総会まで留任
      会長と会計監査については総会承認を要するので、改選を次期総会まで
      持ち越し、それまで現役員体制で運営
   (3)令和元年会計報告の承認
      6月の幹事会で了承を得たが、次期総会での承認待ち。
   (4)令和2年支部年会費
      6月の幹事会で徴収しない事を決定
   (5)令和3年総会・懇親会の当番幹事
      6月の幹事会で今期の当番幹事東34期が引続き担当する。
      当番幹事には大きな負担・ストレスがかかり、2年続くのは辛いが、
      東34期の頑張りに期待
   (6)唐津東高校現役生徒の東京研修支援
      3年前より行われている母校生徒の東京研修は、7月に予定されていたが
      コロナ禍のため中止。今後も同窓会支部として積極的に支援していきたい。
   ウィズコロナの時代に入り、同窓会にとっても厳しい時期が続き、総会や懇親会の
   あり方も検討を迫られている。同じ高校で学び関東に在住する同窓生として、
   一致協力してこれを乗り切り前進していきたい。

 2.第45回総会・懇親会について
   実行幹事東34期江頭氏より以下の内容の企画提案があり質疑応答があった。
   ・来年の6月の状況が不透明なため、①ノーマルプラン従来型)
    ②ニューノーマルプラン(3密考慮型)③自粛プラン(懇親会無し)の
    3つのプランを提示。
   ・開催期日は2021年6月12日(土)(第2土曜日) または5月30日
   ・開催場所は中野サンプラザ13Fコスモルーム6月12日)
    または 京王プラザ5月30日
   ①ノーマルプラン従来型)
    3密を回避できない。
   ②ニューノーマルプラン(3密考慮型)従来型よりコスト高
    中野サンプラザ:3密対応を行うためには会場がやや狭く、
            人数制限(150名以下)が必要
    京王プラザ  :会場の広さは可。期日が5月30日(日)となる。
            費用がより割高。
   ③自粛プラン(懇親会無し)
    オンライン開催。状況変化に対応可。実績がなく手探りでの運営となる
    リスクあり。
   ○新型コロナ感染症の今後の見通しについて南里相談役(東8・感染症の
   専門家)より次のレクチャーを受けた。
   ・ワクチンか特効薬は、来年にはできない。
   ・国の指定感染症になっているので、罹患すれば報告苦義務がある。
    すぐに法律が変わるとも思えない。
   ・これまでの例を見ると終息するには3~5年くらいかかる。
   ・年寄り集団であるので飲食は奨めない。
  (質疑)
   Q:自粛プランについては、リアリティがないので高齢者の参加は見込めない。
     自粛プランを行う意味は何か。
   Q:総会だけのために集まる意味はない。同窓会だから書面でも、流会でも良いの
     ではないか。
   Q:飲食については、無しという案では参加希望があるのか疑問。せめて
     食事(酒なし、弁当等)付きにし、場合によっては乾杯だけとか、時間を
     短縮するとかの工夫が必要。
   Q:開催時期については、6月に拘らず最初から9月とか秋にずらすのはどうか。
   Q:会場は広い京王プラザが良いのではないか。会計としては割高でも許容できる。
   Q:懇親会がない場合は、ホームページを使って何か配信できないか。
     面白いコンテンツを載せる等をするなども一案。唐津の本部と連携を取ってみて
     欲しい。
   以上の報告と質疑を終え、取り敢えず次の事項を決定した。
  (決定事項)
   ①6月12日(土)中野サンプラザでの総会開催をメインプランとする。
    当番幹事の負担を考慮し、延期はしない。
   ②総会に加えて懇親会を行うかどうかについては、会場のキャンセル期限である
    3月12日までに 世の中の状況を見て決定する。
   ③コロナ禍が収まっておらず、新生活様式が継続していた場合、3密対策をとった
    懇親会に参加するか、或いは、酒なしの食事だけの場合に参加するか、について、
    各期の幹事が事前に同期の意向をリサーチして次回の幹事会に報告する。
   ④イベントの佐藤氏のキャンセル期限も確認する。
   ⑤春の幹事会で最終結論を出す。例年より前倒しで2月に幹事会を開催する
    方向とする。
   ⑥懇親会を中止する場合の総会のあり方については、幹事会での最終結論後に
    検討する。

以 上

唐津鶴城同窓会関東支部ページトップへ