唐津鶴城同窓会関東支部公式ホームページ
規約・役員・沿革 Agreement/Officer/History
MENU

唐津鶴城同窓会関東支部規約

第1章 総  則
(名  称)
 
第1条
当会は唐津鶴城同窓会関東支部と称す。
         
  (会  員)
 
第2条
当支部の会員は関東地区に居住する下記の学校に在籍した者をもって組織する。
    1. 佐賀県立唐津中学校
    2. 佐賀県立唐津第一高等学校
    3. 佐賀県立唐津高等学校
    4. 佐賀県立唐津東高等学校
         
(目  的)
 
第3条
当支部は唐津鶴城同窓会本部との連携調整を図り、かつ支部会員の相互親睦を図ることを目的とする。
         
  (所在地)
 
第4条
当支部の所在地は会長に一任する。
         
第2章 役  職
(役  員)
 
第5条
当支部には下記の役員を置く。
    1. 会  長 1名
    2. 副会長 若干名
    3. 幹事長 1名
    4. 会  計 1名
    5. 事務局長 1名
    6. 会計監査 2名
         
(幹 事)
 
第6条
1. 幹事 各期1名。役員に選任または役員を委嘱された幹事の期については他に1名の代替幹事を置くことができる。
         
(顧問および相談役)
 
第7条
1. 相談役 若干名
 
 
2. 顧問 若干名
         
第3章 選  任
  (役員)
 
第8条
1. 会長並びに会計監査は幹事会の推薦に基づき総会において選任する。
    2. 副会長、幹事長、会計、事務局長は幹事の中から会長が委嘱する。
    3. 会長は必要に応じて、幹事の中から副幹事長、副会計、副事務局長、事務局補佐を委嘱することができる。
         
  (幹事)
 
第9条
1. 幹事は各期の推薦に基づき会長が委嘱する。
         
  (顧問および相談役)
 
第10条
1. 会長は支部の運営につき必要な事項を諮問するため、幹事会の議を経て、支部会員中から顧問及び相談役を委嘱することができる。
         
第4章 任務および任期
  (役員等の任務)
 
第11条
1. 会長は支部を代表し、支部の会務を総理する。
    2. 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは会長に代わりその職務を行う。
    3. 幹事長は幹事会を統括し、会長を補佐する。
    4. 会計は支部の会計業務を行う。
    5. 事務局長は庶務全般を統括し、会運営に関し会長を補佐する。
    6. 会計監査は支部の会計を監査し、総会で報告する。
    7. 幹事は同期を取り纏め、幹事会に出席し支部運営の活性化に尽力する。
         
(役員等の任期)
 
第12条
役員等の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。また、補欠・増員等により選任された者の任期は他の在任役員等の残任期間と同じとする。
         
第5章 会 議 体
  (総 会)
 
第13条
会長は、毎年定期総会を招集して、会務及び会計を報告し、その承認をうけるものとする。
         
  (役員会)
  第14条 1. 会長は、必要に応じ役員会を招集する。
    2. 役員会は、第5条の役員で構成され、会の運営に付いて審議する。
    3. 会長は、必要に応じ第8条3項の役員を出席させることができる。
         
  (幹事会)
  第15条 1. 幹事長は、会長の命を受け幹事会を適宜招集する。
    2. 幹事会は、役員、幹事により構成され、相談役および顧問の出席を妨げない。
    3. 幹事会は、会務の執行に関する事項を決定する。
         
(議 決)
 
第16条
議決は出席会員の過半数をもって決する。
         
第6章 会  計
  (事業年度)
 
第17条
当支部の事業年度は1月1日に始まり12月31日に終わる。
         
  (経 費)
 
第18条
当支部の経費は年会費・寄付金及びその他の収入をもって支弁する。
         
  (会 費)
 
第19条
年会費の額は総会でこれを定める。
         
         
(附則) 1. 本規定の改定は、平成27年6月13日より施行する。
         
         
唐津鶴城同窓会関東支部ページトップへ
役員
役  員

  会長 小栗 誠治(おぐり せいじ) (東10期)
  副会長 筒井 厚子 (つつい あつこ) (東9期)
  青木 直敬 (あおき なおたか) (東12期)
  幹事長 冨桝 賢 (とみます まさる) (東19期)
  副幹事長 小松 隆 (こまつ たかし) (東25期)
  会計

井上 美鈴 (いのうえ みすず)

(東15期)
  副会計 新倉 弘子 (にいくら ひろこ) (東26期)
  事務局長 青木 誠 (あおき まこと) (東14期)
  副事務局長 加登 紀一 (かとう きいち) (東27期)
  会計監査  池田 俊朗(いけだ としろう) (東23期)
  村山 博一 (むらやま ひろいち) (東30期)
  相談役  溝上 陽一郎(みぞがみ よういちろう) (高5期)
  蓮尾 雅好(はすお まさよし) (東2期)
  南里 清一郎(なんり せいいちろう) (東8期)
  顧問 岡崎 正裕 (おかざき まさひろ) (東4期)
  小松 英明  (こまつ ひであき) (東9期)

各期幹事
唐津高校
前田 恭平
溝上陽一郎
熊本 幸男
東高校
福士 敬子
蓮尾 雅好
岡﨑 正裕
江川 力平
東  俊彦
小松 英明
10
小栗 誠治
11
瀧川 俊行
12
青木 直敬
13
中園 好実
14
宮崎 秀一
15
井上 美鈴
16
栗原 信二
17
瀧本 雅徳
18
池田 純亮
19
冨桝  賢
20
関  信吾
21
松尾 孝久
22
金丸 哲志
23
池田 俊朗
24
矢加部啓一
25
小松  隆
26
長野 正裕
27
加登 紀一
28
松本 克也
29
中尾 永寿
30
中山 仁史
31
山口  昇
32
向 周
33
堀内  洋
34
江頭 悟一
35
池田 博毅
48
一木 隼人
49
原口 愛美




唐津鶴城同窓会関東支部ページトップへ
沿革

昭和51年(1976年)、創立80周年(唐津中学創立以来)を迎え、記念行事として同窓会館の設立を目的に、同窓生・在校生に1億円の寄付をお願いすることとなった。

当時関東には同窓会支部がなく、学校行事や同窓会に尽力されていた蓮尾先生の上京のもと名簿の整理がなされた。

既に他の地区では佐賀(S45)福岡(S46)北九州(S48)中部(S48)関西(S49)伊万里(S51)に支部が発足していた。

これを機に昭和51年6月に第一回総会が開催され、会長に平川巴さん(中18)が選任され、以後下記の方々が会長を務められた。


 
初代会長
  平川 巴 (中18期)
 
2代
  倉本 勝 (中28期)
 
3代
  豊田 茂 (中33期)
 
4代
  岩隈 俊雄 (中36期)
 
5代
  大浦 健介 (唐高1期)
 
6代
  溝上 陽一郎 (唐高5期)
 
7代
  蓮尾 雅好 (東高2期)
 
8代
  南里 清一郎 (東高8期)
 
9代(現)
  小栗 誠治 (東高10期)
唐津鶴城同窓会関東支部ページトップへ